ピコレーザーによってしみ・肝斑が消える仕組みとは?

美容外科に新しい旋風を巻き起こし、今後も最も注目を浴びるであろうピコレーザーですが、いまだどのようなものであるか把握していないという方も非常に多いでしょう。

ピコレーザーというのは、肌トラブルとして誰しもが悩みを抱えてしまうしみや肝斑を取り除くとても魅力的な機器なのです。

今回はそんなピコレーザーがしみ・肝斑をどうやって消していくのか、その仕組みについて詳しく紹介していきたいと思います。

しみ・肝斑はどのようにしてできるのか

しみや肝斑というのはどのようにしてできてしまうのかを理解することで、ピコレーザーについてもより深く把握することができます。

しみと肝斑は似たようなものと思われがちですが、微妙に違いがありますのでその部分に関しても知識として蓄えておきましょう。

しみの原因は紫外線や女性ホルモンの乱れ

しみというのは茶褐色のくすんだ色が肌表面に出てしまい、それだけで見た目の印象を悪くしてしまいますよね。

このしみというのは、そもそも肌の表面ではなく肌表面少し奥に存在しているメラノサイト(色素細胞)とケラチノサイト(色素細胞)の駆け引きによって生じてしまうのです。

紫外線や女性ホルモンの乱れ、ストレスによって刺激を受けたケラチノサイトは、プラスミンと呼ばれるタンパク質分解酵素の一種を産生します。

このプラスミンはメラノサイトの働きを活発にさせてしまう活性因子となっているため、産生されれば産生されるほど、メラノサイトの働きを促進させてしまいます。

メラノサイト内にあるチロシンと呼ばれるアミノ酸は、活性化にともなって変化を遂げてメラニンと呼ばれる色素物質になるため、過剰分泌され色素沈着が起こりしみになるという流れができあがってしまうのです。

肝斑の原因はホルモンバランスの乱れ

肝斑も大きくまとめるとしみの一種になりますが、30歳ごろから50歳後半で発症しやすく、その後は徐々に薄くなる、あるいは消えることも多いしみを指しています。

両頬に沿って左右対称にできるという発症部位にも特徴があるため、肝斑であるかそうでないかというのは判断しやすいです。

この肝斑の原因というのは明確にわかってはいませんが、妊娠や避妊薬を服用していることが発端となって起こることが多いため、ホルモンバランスの乱れによって起こるのではないかという情報が有力となっています。

しみにしろ肝斑にしろ、肌の代謝のピークを過ぎる30代から現れやすくなると考えて良いでしょう。

ピコレーザーはしみ・肝斑の色素を破壊する

しみと肝斑になってしまう原因は理解できたところで、できてしまった部分をピコレーザーがどのようなメカニズムで除去していくかについて説明していきましょう。

ピコレーザーというのはパルスの幅がピコ秒というとても振幅数の速い光を当てるので、一昔前に主流だったナノ秒レーザーよりも施術時間が短く効果に期待することができる機器となっています。

ナノ秒レーザーはしみ・肝斑の原因であったメラニン色素を熱で破壊する方式がとられていましたが、熱による炎症によって炎症後色素沈着というしみを再発してしまうような状態になることもありました。

一方ピコレーザーでは熱ではなく光による衝撃波を加える手法を用いりますので、熱よりも細かく色素を破壊して散らすことができるのです。

線維芽細胞を刺激することでターンオーバーも促進

しみや肝斑を消すということだけではなく、衝撃波による刺激が肌の線維芽細胞を刺激することができるため、肌のハリ・ツヤに必須な成分であるコラーゲンの生成を促してくれることにも期待ができます。

これはフラクショナルと呼ばれ、ピコレーザーの衝撃波が肌に超極細の穴を開けて細胞刺激を行うために可能な施術なのです。

肌にできたシミや肝斑を取りながら、肌を若返らせる効果にも期待できるという一石二鳥を併せ持つ優れたレーザーであることがわかると思います。

しみや肝斑を自分だけで消そうとした場合は労力がかかる

しみや肝斑ができてしまってから、ピコレーザーではなく自分自身で消そうと考えた場合、どのような労力が必要になるかを説明すると、ピコレーザーの凄さがわかってもらえることでしょう。

まず、肌の生まれ変わりというのは年齢や代謝量によっても変わってきてしまいますが、大体28~40日前後だと言われています。

シミを作り出さないように考えると、この生まれ変わりの中でメラニン色素を出さないようにしなくてはいけません。

紫外線によってメラニンができてしまいますが、抗酸化作用のあるビタミンCやシミの改善・予防で知られるトラネキサム酸を服用することによって徐々にメラニンの生成量を抑えていくことができるでしょう。

一度できてしまったメラニンは戻らないため、28~40日かけて肌を新しく再生して押し出し、かつその後もメラニンができないよう紫外線対策、ホルモンバランスが乱れないような生活を送らなければなりません。

そう考えると、大体半年かけてようやくシミや肝斑が薄くなっていくといった状態かと思います。

半年かけてビタミンC等の栄養素を補給し、トラネキサム酸を摂取し続けてようやく薄くなるということを踏まえると、一度の治療でしみ・肝斑を薄くするだけでなくコラーゲン生成を促すピコレーザーのほうが、より効率が良いということが比較すれば一目瞭然で良いということがわかるでしょう。

まとめ

ピコレーザーの短い振幅数の衝撃波でシミ・肝斑のメラニン色素を破壊することができるという仕組みを理解してもらえたかと思います。

美容に分類されてしまうため、保険適用外で全額自己負担と費用は決して安くはありませんが、値段以上の価値があるものということを認識しておきましょう。

ピコレーザーを受けるなら湘南美容外科 湘南美容外科

「入れ墨を消したい」「しみ・しわ・ニキビ跡を消したい」とピコレーザーの施術に迷っているなら湘南美容外科で受けるのがおすすめ!

・全国展開している実績
・経験豊富な医師
・大手だからできるコストメリット

美容の施術は実績がないクリニックで実施すると思わぬトラブルが発生します。

施術自体の難しさはあまりありませんが「実績のないクリニックだと施術量に誤りが・・・」

実績重視でクリニックを選びましょう!

実績豊富な湘南美容外科の詳細を確認してみる

関連記事

ピコレーザーが持つ3つの驚きの美容効果とは?

毛穴の開きが気になるならピコレーザーで解決?驚きの効果とは!

ピコレーザーがニキビ跡を治すのに向いている理由とは?

ピコレーザーによるタトゥー除去は不安?キレイになるまでの期間は?

ピコレーザーで気になるバストのハリ、黒ずみの悩みが改善できる?