ピコレーザーの照射の強さによって水ぶくれができる可能性がある?

いつまでも美しい肌でいるためにはシミを作らないことが大切です。

できてしまったシミも消してくれる最新機器のピコレーザーを愛用しているという方も増えてきていますが、水ぶくれができてしまうという噂を聞いたことがあると思います。

顔に水ぶくれができてしまうと見た目も悪くなってしまうだけでなく、誤って潰してしまうと跡が残りかえって逆効果になってしまうなんてことも考えられます。

ピコレーザーの照射の強さは用途によって変わってきますが、シミ消しや美白に対しての強さで水ぶくれができる可能性はあるのでしょうか。

シミ消し・美白に対する照射であれば水ぶくれになることはない!

ピコトーニングやピコフラクショナルと呼ばれる、いわゆるシミ消しや美白施術で採用されるピコレーザーの照射強度は、水ぶくれになるほどの強度ではないため水ぶくれになることはほとんどありません。

そもそもピコレーザーは、従来のナノレーザーに比べるとはるかに短いパルス幅で皮膚内部にあるメラニン色素やタトゥーの色素を破壊していきます。

ナノレーザーではどうしても皮膚表面にも照射の影響が出てしまうため、シミ消しや美白でも水ぶくれになる可能性が高かったのです。

それだけでなく、色素を破壊する際には細かくなるものの何度も照射しなければ細かく散らないため、照射時間・回数ともに多く、そのせいで肌がダメージを受けてしまうという背景もありました。

一方ピコレーザーは色素に直接レーザー照射を届かせることを実現しているため、短い時間でより細かく色素を粉砕することができるようになったのです。

肌表面に照射の影響がないということと、短時間での照射による肌自体に影響が少なくなったことによって水ぶくれや赤みによるダウンタイムも大幅に少なくなっています。

タトゥー除去の場合水ぶくれになる可能性もある!

シミ消しや美白で採用される照射の強度よりも強く設定して行われる施術がタトゥー除去です。

タトゥーは墨を肌の深層に注入することによって白血球等に墨が分解されないように施してあるためシミ消しや美白に比べると消えるまでに格段に時間がかかり、それだけ肌に負担がかかってしまうものとなっています。

また、タトゥー除去施術をした直後は患部が白く、照射範囲は赤みがでてきます。

白くなった部分は1日経つと赤みや水ぶくれになってしまう可能性が高いです。

つまり、それだけタトゥー除去に用いるレーザー強度が強いということがわかるかと思います。

カラータトゥーも除去できるが水ぶくれになる可能性も高くなる

一昔前まではカラータトゥーを入れた場合、除去することができないため一生付き合っていくものだと言われていました。

しかし、ピコレーザーではカラーの色素にも反応することができますので、言ってしまえばどのようなタトゥーでも薄くすることは可能となったのです。

しかし、時間と照射強度は茶色や黒色のタトゥーよりもかかってしまうため、それだけ水ぶくれになる可能性も高いということです。

美白<シミ消し<タトゥー(黒色)<カラータトゥー

といった順に時間と強度が高くなると覚えておくと良いでしょう。

もし水ぶくれになってしまったらどう対処すれば良い?

ピコレーザーでのシミ消しや美白は、水ぶくれになる可能性は低いもののゼロではないため用心するに越したことはありません。

もし水ぶくれになってしまった場合、潰したほうがいいのかそっとしておいたほうが良いのか判断に迷うという人も多いです。

水ぶくれになってしまった場合は、潰したりせずにそのままそっとしておくか、軟膏を塗ってガーゼ等を当てるほうが正しい対処となります。

誤って潰してしまうと、そこから色素沈着を起こしてしまうという本末転倒な事態に陥ることもありますので肝に命じておきましょう。

ピコレーザーはダウンタイムが短い!

ピコレーザーの特徴の一つに施術してから日常生活に支障がでない状態に戻るまでの期間であるダウンタイムが短いというものがあります。

ナノレーザーによる施術を行った場合は5日前後のダウンタイムがありましたが、ピコレーザーはなんと24時間です。

休みの日の前日に行えば問題なく次の日から仕事をすることができますので、シミ消しや美白の施術では水ぶくれの心配が無くダウンタイムも短いというまさに理想の美容施術だと言えるでしょう。

まとめ

水ぶくれというのはなってしまうといけないもののように感じてしまい、ついついできてしまうと潰してしまいがちですが、ピコレーザーによる水ぶくれは放置か軟膏で対処、また、ピコレーザーによるシミ消しや美白では水ぶくれにはなりにくいということがわかったかと思います。

ただ、タトゥー除去の場合は水ぶくれになる可能性が高いため、施術後は潰さないように特に気をつけて生活をするようにしてください。

それでも不安なのであれば、近くのピコレーザーを導入しているクリニックに相談するという方法も良いでしょう。

ピコレーザーを受けるなら湘南美容外科 湘南美容外科

「入れ墨を消したい」「しみ・しわ・ニキビ跡を消したい」とピコレーザーの施術に迷っているなら湘南美容外科で受けるのがおすすめ!

・全国展開している実績
・経験豊富な医師
・大手だからできるコストメリット

美容の施術は実績がないクリニックで実施すると思わぬトラブルが発生します。

施術自体の難しさはあまりありませんが「実績のないクリニックだと施術量に誤りが・・・」

実績重視でクリニックを選びましょう!

実績豊富な湘南美容外科の詳細を確認してみる

関連記事

ピコレーザーの痛みはいつまで続く?施術中と施術後の痛みについて

最新美容機器ピコレーザーはダウンタイムが○○時間という驚きの短さ

ピコレーザーの副作用で赤みが消えないってホント?噂の真相はいかに