ピコレーザーの効果を実感できる用途別最適回数はどのぐらい?

美肌でいるための条件としてキレイなツヤのある肌が挙げられます。

白く透明な肌というのはそれだけでその人の印象を高め、逆にシミが点々としているくすんだ肌というのは老けた印象を与えてしまいシミ対策や美肌対策として様々な試みをしている方も多いです。

その中でもピコレーザーは効果の期待できるレーザー美容法の一つとして徐々に支持されてきています。

しかし、ピコレーザーを知らない方にとってはどのぐらいの回数を行えばキレイになれるのか気になるところですよね。

ということで今回はピコレーザーの効果を実感できる最適回数を用途別に見ていこうと思います。

美白になるためには回数よりも継続することが大切!

美白はどのぐらいが白いかというのは個人の考え方によってかなり左右されてしまいます。

なので、正確な回数というよりもくすまない肌をキープするという点で考える方が大切です。

肌というのは周期的に細胞が生まれ変わるターンオーバーが存在するため、その中でスムーズなターンオーバーがされないことによって古い細胞が肌表面に溜まり角質となってくすみを引き起こします。

ピコレーザーは、肌の内部にある線維芽細胞と呼ばれる部分に刺激を与えて活性化する目的で行われるピコトーニングと呼ばれる施術法があります。

これは、線維芽細胞を刺激してあえてダメージを与えることによって修復しようとする創傷効果を高め、肌を構成する物質のコラーゲンの生成を促すというメカニズムです。

肌のターンオーバーは28日周期と考えられており、年齢を重ねるに連れて日数が多くなってしまうと言われています。

この周期を元に近づけてあげるピコトーニングをすることによって美白に近づくということです。

効果を実感できる人の中には1回の施術で白さに変化が感じられるという人もいますが、大体3~4回程行うことで肌ツヤを感じ美白に近づくことが予想できます。

しかし、先ほども説明しましたが、年齢を重ねるに連れてターンオーバーが低下してしまうということ、細胞が酸化してしまうことによって美白を保ちづらくなることを考慮すると、回数で美白を手に入れるというよりは継続してピコトーニングを受けることにより美白を維持するという意思でいた方が良いでしょう。

シミ消しは1回のピコレーザー施術で実感できる

美白のために受けるピコレーザーは、回数よりも定期的に行うのが大切だという点に対して、シミ消しというのは標的部位が特定されているので回数をおおよそ把握することが可能です。

そして、その回数はなんと「1回」で良いものがほとんどです。

ピコレーザーはシミの原因となるメラニン色素に直接レーザーの衝撃波を加えて破砕する上に短い時間での施術時間で済むのでシミが気になる方から絶大の支持を得ています。

1回の施術は10分前後で完了し、その後1~2週間後に皮膚が剥がれ落ちるのが確認できますので、その後の肌を見るとシミが薄くなっていることが確認できるのです。
シミの元になるメラニン色素がどのぐらいの量あるのかによって1回では消えないということもあるかもしれませんが、ほとんどのシミは1回の照射で消すことが可能となっています。

通常シミができてしまった場合、サプリメントや食材からビタミン類やミネラルを多く含んだものを摂取して、かつ紫外線対策に日焼け止めクリームや帽子をかぶるなどの手間をかける必要があります。

しかし、ピコレーザーではたったの数分であとは何もせずにいても勝手にシミが消えるわけですから1度受けた人が病みつきになるのもわかるでしょう。

タトゥー除去の場合は5~10回を目安に!

肌内部に色素を注入してデザインするタトゥーを除去するためにはシミ消しや美白と違い回数もレーザー強度も多く、強くしなければいけません。

従来のQスイッチルビーレーザー等のナノレーザーでは、10回以上照射しなければ薄くならないということもありました。

しかし、ピコレーザーで行うタトゥー除去はその半分の回数で除去することができると言われています。

その理由として、より標的色素へ的確にレーザーを当てて破砕することができるようになったからです。

ただ、タトゥーの大きさや色、肌の浅めな部分に入れているのかどうかによって回数がばらついてしまうため正確な回数を決めることは難しいです。

ただ、簡単に消えるタトゥーは3回ほどで薄くなるものもありますので、平均をとるのであれば5~10回程度だと考えてください。

また、タトゥーを除去したいからといって1週間で再度施術を受けるということはできません。

肌の回復期間を考えて行わなければなりませんので、2ヶ月に1回と考えると1年程通えばタトゥーは薄くなっていくと認識しておけば良いでしょう。

まとめ

今回のまとめとして以下のようになります。

ピコレーザーの最適回数

  • 美白が目的ならば回数よりも定期的に施術を受ける
  • シミ消しは1回、多くても2回で除去可能
  • タトゥーは平均して5~10回、1年で薄くすることが可能

自身がどのような目的でピコレーザーを受けるのかによって、どのぐらいの回数の施術が必要なのかを把握する判断材料にしてください。

ピコレーザーを受けるなら湘南美容外科 湘南美容外科

「入れ墨を消したい」「しみ・しわ・ニキビ跡を消したい」とピコレーザーの施術に迷っているなら湘南美容外科で受けるのがおすすめ!

・全国展開している実績
・経験豊富な医師
・大手だからできるコストメリット

美容の施術は実績がないクリニックで実施すると思わぬトラブルが発生します。

施術自体の難しさはあまりありませんが「実績のないクリニックだと施術量に誤りが・・・」

実績重視でクリニックを選びましょう!

実績豊富な湘南美容外科の詳細を確認してみる

関連記事

シミ・くすみに効果アリ?ピコレーザートーニングの持つ底力とは

ピコレーザーのフラクショナル照射で肌の悩みも解決できる?