ピコレーザーの痛みはいつまで続く?施術中と施術後の痛みについて

気になるシミを消したい、肌が全体的に黒ずんで見えるから美白になりたい、タトゥーを消したいといった悩みから利用する人が多いピコレーザー。

すでに体験したことがある人は、再度施術を受けることに何ら抵抗を感じることはないでしょうが、これからピコレーザーを検討している多くの方にとって、どれほど痛みが伴うものなのか気になるのではないでしょうか。

今回はピコレーザーの痛みについて、施術中と施術後それぞれを紹介していきたいと思います。

ピコレーザーはレーザー治療の中で最小限の痛み

ピコレーザーというのは、シミ取りやタトゥ-除去のために用いられるレーザー治療の中でも最小限の痛みで有名です。

その理由の一つとして、取り除く標的をより的確に破壊することが可能になったからということがあります。

従来のレーザー治療で用いられるのがナノ秒のレーザーで、シミまたはタトゥーを除去する際に肌表面にもダメージを与えてしまうため、痛みがそれだけ生じてしまうことを懸念しなければいけません。

また、ナノ秒のパルスでは標的となる色素の破壊が大きくなりがちで、回数もそれなりに行わなければ理想的な肌になることができないというデメリットも持っています。

しかし、ピコレーザーはナノ秒よりも優秀で、標的となる色素をより細かく、肌表面に負担をかけずに照射することができるのです。

そのため、施術の際に生じる痛みも抑えられ、利用する人も抵抗なく受けられることができるようなレーザーとなっています。

施術中の痛み:例えられる痛みは「パチパチとゴムで弾かれる痛み」

ピコレーザーを実際に経験したことがある人に、施術中はどのような痛みであったかを聞くと、よく例えられるのが輪ゴムでパチパチと肌を弾かれているような痛みと言います。

中には針金でチクチクと刺される痛みや、細い針を高温にしてそれを肌に当てるような熱さという痛みよりも熱さと表現したほうが近いという方もいます。

これはシミ消しで用いられるピコレーザーのピコトーニングやピコフラクショナルと呼ばれる施術の際の痛みと考えてください。

タトゥー除去だと痛みが強い可能性もある!

いくらピコレーザーが痛みが最小限だと言えど、出力を強くすればするほど痛みも増してしまいます。

特にタトゥーは肌の奥に色を注入していますので、それだけ出力も強くなりがちです。

また、タトゥーは全身どこにでも彫ることができますが、部位によっても痛みが強い部分が違います。

タトゥー除去として用いられるピコレーザーで、一番痛みが強かったといわれる部位は腰だと言われています。

施術後の痛み:ダウンタイムは24時間、見た目に反して痛みは無い

シミ消しのために行うピコレーザーは、ダウンタイムが24時間と従来のナノ秒レーザーよりも非常に短いです。

施術後2~3時間は特に赤みも出る人が多く、ピリピリとした痛みも生じてしまいますが、その後は痛みもなく落ち着きますので、施術後の痛みが不安という方は安心して良いでしょう。

ただし、痛みではありませんが照射部位にかゆみやかさぶたができる可能性がありますので、医師の指示に従って対処する必要があります。

タトゥー除去は施術後の痛みが長引く可能性も・・・

出力が強くなってしまうタトゥー除去に関しては、施術後の痛みもシミ消しより長引いてしまう可能性があります。

中には施術後にジンジンとした痛みが続き、その後ヒリヒリとした痛みが数時間続いたという方もいます。

施術後の痛みもまたタトゥーを入れた部位によっては続きやすいですし、皮膚の薄い場所ならばより痛みも長くなりやすいということだけ覚えておきましょう。

痛みを最小限に抑えるために必要なのは麻酔とアイシング

クリニックによってはサービスで行っているところもありますが、麻酔クリームを塗って施術してくれることもあります。

タトゥー除去の場合は特に痛みが生じやすい状況が予測されているため、気軽に行うことができるように麻酔クリームやオプションによっては部分麻酔といったサービスを展開しているところもあるので、痛みがどうしても嫌なのであれば麻酔を検討してみましょう。

施術後の痛みを早く抑えたいという方は、アイシングをしっかり行うことで早く鎮静化することができます。

ほとんどのクリニックでは施術後にアイシングをしてくれますので、自分でする必要はないかと思いますが、万が一アイシングをしていないクリニックであったならすぐにアイシングをしてできるだけ痛みを抑えられるようにしましょう。

まとめ

ピコレーザーによる痛みは、従来のレーザーと比べると非常に痛みが少なく、施術中の痛みがピークで数時間もしたら大体収まっていくということがわかったことかと思います。

レーザーの出力を強くすると痛みも増してしまいますので、タトゥー除去をする場合は痛みがそれなりに生じてしまうということ、特にカラータトゥーの場合は除去しにくいだけでなく痛みも大きくなりやすいことを覚えておきましょう。

痛みによってピコレーザーの利用を考えている方は、痛みが極力少なくなるようなサービスを展開しているクリニックが多いので相談してみると解決につながるということがまとめとなります。

ピコレーザーを受けるなら湘南美容外科 湘南美容外科

「入れ墨を消したい」「しみ・しわ・ニキビ跡を消したい」とピコレーザーの施術に迷っているなら湘南美容外科で受けるのがおすすめ!

・全国展開している実績
・経験豊富な医師
・大手だからできるコストメリット

美容の施術は実績がないクリニックで実施すると思わぬトラブルが発生します。

施術自体の難しさはあまりありませんが「実績のないクリニックだと施術量に誤りが・・・」

実績重視でクリニックを選びましょう!

実績豊富な湘南美容外科の詳細を確認してみる

関連記事

ピコレーザーの照射の強さによって水ぶくれができる可能性がある?

最新美容機器ピコレーザーはダウンタイムが○○時間という驚きの短さ

ピコレーザーの副作用で赤みが消えないってホント?噂の真相はいかに